医療機関での事務のお仕事|医療事務に転職するポイント|指標が定まったなら
男性女性

医療事務に転職するポイント|指標が定まったなら

医療機関での事務のお仕事

医者

レセプト作成がメインです

最近よく耳にするようになったと言われている資格が、医療事務です。医療事務は、医療機関での保険請求に関する知識を持っている人という認識で、求人がなされます。ただし、医療事務の資格を持っているからといって、これだけで採用されるとは決まっていません。経験なども重要視されています。すなわち、医療事務の資格と医療機関での事務仕事の双方を有している人などを優先的に採用する傾向にあります。そもそもこの資格は、医療機関が保険請求を行う際の知識があるかどうかがメインです。また、この資格がないからといって、レセプト請求が出来ないわけでもありません。すなわち、資格だけに安住せずに、プラスアルファが求められる仕事であると言えます。

資格がなくても出来ます

医療事務の求人では、資格がある人を優先的に採用するあるいは資格がある人だけを対象にした求人が行われています。ただし、この医療事務の資格がなくてもレセプト作成は出来ますから、経験でカバー出来るところも大きいです。したがって、医療事務の資格があるだけでは、求人に応募してもなかなか採用されない場合もあります。資格に安住することなく、これまでの経験も加味した総合的な能力が求められる時代です。このことを認識して求人に応募するようにしなければ、採用は覚束ないでしょう。なお、医療費の請求に関する書類すなわちレセプトは、医療事務の資格がなくても誰でも出来ます。最終的なチェックは保険医が行うのが一般的ですが、作成そのものは誰でも構わない点に注意が必要です。