施工の管理者の募集状況|医療事務に転職するポイント|指標が定まったなら
男性女性

医療事務に転職するポイント|指標が定まったなら

施工の管理者の募集状況

作業員

施工管理とは、住宅物件などの建設作業があらかじめ定められた予算やタイムラインに沿って進められているかを管理する仕事です。具体的には、建築資材がきちんと定められた予算内で確保出来ているかとか、工事の工程が納期に間に合うように進められているかを日々チェックし、トラブルが発生した際にはこれを解決するというのが施工管理者の役割です。不動産の建設現場には施工管理者が必ず一人は置かれるようになっています。従って、施工管理の求人は不動産の建設が多く行われているエリアで多いです。こうした求人は建設を行う不動産会社が一括で行い、その上で各現場に派遣するというケースが多いですが、中には現場レベルで求人を出しているケースもあります。

施工管理者として転職する際に注意すべき点としては、雇用形態についてです。求人には2種類の形態があり、一つは不動産の建設を取りまとめている不動産会社の正社員として募集しているものであり、もう一つはプロジェクトベースで募集しているものです。プロジェクトベースでの募集の場合、その雇用形態は短期間の契約社員という形となり、プロジェクトが終了すればそこで雇用が打ち切られるケースがあります。プロジェクトベースでの募集の方が給与水準が高い傾向がありますが、長期に亘って安定した収入を得たいという場合には不向きの求人となります。また、施工管理者の仕事は建築に関する知識に加えて、資材調達や金融に関する知識も必要になるので注意が必要です。